エイジングケア

紫外線からお肌を守る!日焼け止めで美肌美人に

投稿日:

美肌になりたい!だけど高いお金を払ってエステに行くなんて無理!
そう考えて美肌をあきらめてしまってはいませんか。

もちろん、何もしないままでは美肌になることはできません。
しかし、それほど出費をしなくても、少しの努力から美肌になることはできるはずです。

どんなにきれいな肌をしている人でも、どんなに素敵な芸能人でも、まず最初に考えることは「紫外線対策」なのです。

紫外線を防ぐことが、美肌美人への第一歩!
みんなが振り返るような透き通る美肌になれるように、まずは紫外線について知っておきましょう。

肌トラブルの元、乾燥も紫外線から

たっぷりのお日様を浴びるのはとても気持ちがいいですが、アウトドアで楽しんだ後、何故か髪の毛がパサパサになったり、唇などの粘膜がヒリヒリ痛んだりすること、ありませんか?
実はこれ、紫外線による乾燥のせいなのです。

紫外線による悪影響のひとつに、乾燥があります。
髪も肌も、紫外線によって乾燥し、うるおいを失ってしまいます。
肌にあるバリア機能は紫外線によって低下し、角質層の水分が失われてしまうのです。

シミの元となるメラニンは紫外線を浴びることによって増えることで知られていますが、メラニンが生成されると同時に活性酸素も大量に生成され、身体の内側から錆びてしまいます。

そのうえ、乾燥が元となりさらに肌荒れやシワ、ニキビ、毛穴の黒ずみなども増えてしまうので、まさに紫外線は肌に悪影響を与える最大の要因といえるでしょう。

誰でもできる!紫外線カットの方法

紫外線を防ぐ方法はいくつか考えられますが、簡単なものとしては二つの方法が考えられます。

まず一つ目には、日焼け止めを使うこと。
ドラッグストアで売っている安価のものから、化粧品メーカーのブランドものまで、たくさんの種類が売られています。

品物によってPA値やSPF値は様々ですが、あまり値の高いものを使うと、肌に負担を与えてしまうことにもなります。
真夏の太陽の下など、たくさんの紫外線を浴びる環境でない場合は、状況や季節によって、肌の調子を見ながら強さを変えたほうがいいでしょう。

二つ目の方法として、様々なUVカット効果のあるグッズを取り入れてみるのもいいでしょう。
敏感肌など、日焼け止めを使うことに抵抗のある人も、帽子や日傘、UVカット機能のある素材を使った服などを使用することで、紫外線対策をすることができます。

まとめ

美肌になりたいなら、まずは紫外線対策から。
晴れた夏の日だけでなく、冬でも雨でも日陰でも、肌は紫外線を浴び続けているのです。

できることからコツコツと、念入りに。
紫外線をガードして、誰もが振り向く美肌美人に一歩ずつ近づいていきたいものですね。

-エイジングケア

Copyright© ロスミンローヤルの口コミ調査! 実際に飲んでみた効果を徹底解説 , 2018 AllRights Reserved.