シミ・小ジワの両方に効く医薬品の実際の効果は?飲み続けた結果をお伝えします。

アンチエイジング

保湿はからだの内側と外側から

投稿日:

暑さやエアコンによる乾燥、紫外線などを乗り越えて一夏がんばってくれたお肌…。
暑さが落ち着いたと思ったら、今度は季節の変わり目でお肌が揺らいだり、乾燥したりしますよね。

なんとも落ち着かないお肌。
私は季節を問わず万年乾燥肌なので、保湿に関してはいつも気をつけています。
私の場合は体の外側からだけでは足りないので、内側からも保湿するようにしています。

ただ、お肌もキレイになろうとがんばってくれているんですよね。
出来るだけ自分をいたわって、健康にキレイになっていきたいですよね。

そして、いつも乾燥肌に悩まされていた私がたどり着いた答えは、キレイになる近道はとにかく保湿する、ということでした。

いつものスキンケアにちょっとした工夫を

きちんと水分を含んだ肌はニキビも出来にくいですし、日焼けもしづらいです。
また、水分を含んだ肌はキメが整い、毛穴が目立たない美しい肌になります。
キメが整っているため、肌のバリア機能も高く、肌荒れしづらくなるのです。

このように、保湿されている肌は、美しい上に強い、という無敵な状態です。

そこで、私が実践している保湿の方法です。
外側からは、いつものスキンケアの際に一手間です。

それは「ハンドプレス」です。
化粧水や乳液等の後、赤ちゃんに触れるよう、優しく肌を温めるようにハンドプレスしてください。
ギュッと押し込めるようにしたくなってしまうのですが、肌に負担をかけてしまうため、優しく触れてくださいね。

こうすることで、肌が温められ、化粧水等の浸透がよくなります。
化粧水が終わったら、乳液や美容液等もその都度ハンドプレスしてください。

肌に触れることは、例え自分で自分に触れるということでもリラックス効果があります。
このハンドプレスはリラックス効果にもなりますのでオススメです。

食事で保湿力を高めるケアもおすすめ

次に内側からの保湿です。
保水力を高める食事で、保湿をしていきましょう。

オススメはナメコのお味噌汁です。
味噌には、肌の水分量を増やす効果があります。

そしてナメコのぬめり成分のムチンにも、保湿効果があるのです。
ムチンにはヒアルロン酸のもとになる物質を作り出す効果もあるので、保湿の強い味方になります。

この2点を続けていくと、少しずつ、お肌がふっくらし、肌荒れが少なくなってくることを感じると思います。
また、どちらもリラックス効果があったり、健康的になったりと、健康の面からも良いことがあります。

ぜひ試していただいて、乾燥に負けない、潤いのあるキレイな肌になっていただきたいです。
保湿力アップで、乾燥の季節も素敵に過ごしてくださいね。

-アンチエイジング

Copyright© ロスミンローヤル口コミ 実際に飲んでみた効果を徹底解説! , 2017 AllRights Reserved.